アルバイトやパートがメールでシフトを申請するときは?

シフトを申請

社員は朝9時から夕方5時までなど勤務時間が決まっています。
それに対し、バイトやパートは日によって勤務が変わります。
これは最小限の社員で足りない曜日、時間帯はアルバイトやパートに対応してもらうものです。
そのため、アルバイトやパートにはシフトを組んで働いてもらいます。
例えば、今日はAさんは午後5時から午後11時まで、Bさんは午後6時から午後10時までなどです。
このシフトを決めるために店長あるいはシフトを管理する人から○○日までに来月のシフトの希望を提出するよう言われます。
一般的な方法の一つがメールです。

メールの書き方

これは決まったか書き方があるわけではありません。
担当者やお店のよって、こういう形で書いてほしいというものが違うこともあるでしょう。
「どういう風に書けばいいですか?」と聞けば、「こんな感じで」と知らせてくれるかもしれません。
わざわざ聞かなくても、担当者が知りたいであろうことを簡潔に分かりやすく書けば問題ありません。
必要なのは、
・何月何日は出勤できるのか、できないのか。
・できるのであれば、何時から何時まで働けるのか。
です。

例1
件名:〇〇月 シフト希望 佐藤一郎
1日 午後4時~午後7時
2日 午後4時~午後8時
3日 休み
...

例2
件名:〇〇月 シフト希望 佐藤一郎
早番 1,3,4,8、...
遅番 2、5、9、...
休み 7、14、...

書き方は、日によってバラバラ、ほぼ毎日同じ時間など働き方によっても変わってきそうです。
担当者に勘違いをされて、休みたい日にシフトを入れられたりしないように、簡潔にわかりやすく書くことを心がけましょう。

シフカンのご紹介

最後に、手前味噌になりますが、シフカンではシフトの申請もスマホで簡単。
シフトの申請画面はこんな感じになります。
デモ画面
実際の操作もお試しいただけます。

良かったら店長やシフトの担当者にシフカンを紹介してください。

必要なのはスマホとメールアドレスだけ。
お気軽にお試しください。

質問等ございましたらお気軽にこちらよりお問い合わせください。