シフトの決め方 スシロー編

それぞれのお店ではどうやってシフトを決めてるんだろう。
ネットを探していると回転ずしのスシローの求人サイトを発見。
求人サイト
コチラによるとスシローでは1週間ごとのシフト制になってるそう。
誰が、どの作業を、どんなレベルでできるのかを考慮して、安定した営業ができるようシフトを組むそうです。
そうは言ってもこれは大変そう。
お店によって異なりますが、1店舗あたり約80人から120人のスタッフが働いていて、社員は2,3人。
500店舗以上あるというスシローですから、店舗運営のマニュアルや、研修、教育システムは充実しているんでしょう。
それでも80人以上のスタッフのスキルを頭に入れなければならないということで、店長さんの力量が問われます。
このほかのデータも見てみますと、気になったのはアルバイトの1週間あたりの勤務日数。
1週間あたりの勤務日数が2日、3日、4日がそれぞれ約20%。
これは、毎日同じ人が働いているのではなく、それぞれの人がそれぞれの都合のいい時間に働いているとうことでしょうか。
確かに、毎日働くのは難しいけど、週2日から4日でいいということであれば、働いてみようという人も増えそうですね。
人手不足で、外国人労働者を増やそうというご時世ですから、お店としてもできるだけ柔軟な働きやすい環境を整える必要があります。
勤務時間も4時間から6時間が半分を占める一方、3時間未満も13%だそう。
これも人手不足に対応すべく、短い勤務時間でも働いてもらう必要があるということでしょうか。

シフカンのご紹介

スシローの規模になればノウハウもあり、また、店舗運営をサポートする色々なシステムがあることが想像できます。
一方、チェーン展開していないお店ではスシローと同じことをするのは難しいところもあるでしょう。
手前味噌になりますが、シフカンはそんなお店のお手伝いをするべく作られました。
シフカンを使えばスタッフのシフト管理の負担が軽減されます。
店長さん用のデモ画面はこんな感じになります。
デモ画面
実際の操作もお試しいただけます。

必要なのはスマホとメールアドレスだけ。
お気軽にお試しください。

質問等ございましたらお気軽にこちらよりお問い合わせください。