シフトの形 中抜け

夕方のニュースを見ていたら働き方特集のようなものをやっていました。
その中で気になったのはある主婦の働き方。
その女性は確かマクドナルドでパートとして働いていました。
女性はシフトの途中で帰宅し、義理の母親の介護として、夕食を作り、食べさせた後に また仕事に戻るという、いわば中抜けをしていました。
こういうシフトもありなんだなぁと少し驚いたのを覚えています。
シフト組む人にとっては面倒なシフトでできれば避けたいでしょう。
しかし、人手不足で困っている現場では面倒などとは言っていられないんでしょう。
また、その人が有能な人材であれば、無理をしてでもその人の都合に合わせ、働いてもらおうということになるんでしょう。
人手不足解消のため、店長さんは大変です。

宿泊施設でのシフト

私は中抜けがある働き方というのはあまり馴染みがありませんでした。
しかし調べてみると、宿泊施設ではよくある働き方のようです。
確かに考えてみると、宿泊施設で忙しいのはチェックインの時間前後とチェックアウトに時間前後で、 その間の時間はあまり人手は要らないでしょう。
経営者としてはこの時間は休んでもらうのは当然の判断です。
一方、働く人にとってはどうでしょう。
中休みの時間の長さや時間帯によりますが、中途半端な時間ですと何もできず時間を無駄にすることになるかしせれませんね。
さらに調べるとリゾートの宿泊施設では少し違うのかもしれません。
中抜けの時間にマリンスポーツなどを楽しめるとしたら、それはいいかもしれませんね。
人材不足、または、経営の効率化などによって働き方は益々多様化していきそうです。

シフカンのご紹介

益々多様化する働き方。 店長さんの負担は増える一方です。 手前味噌になりますが、シフカンはそんなお店のお手伝いをするべく作られました。
シフカンを使えばスタッフのシフト管理の負担が軽減されます。
店長さん用のデモ画面はこんな感じになります。
デモ画面
実際の操作もお試しいただけます。
コチラはスタッフ用のデモ画面。 デモ画面

必要なのはスマホとメールアドレスだけ。
お気軽にお試しください。

質問等ございましたらお気軽にこちらよりお問い合わせください。